老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】

主な原因とは

目

目の老化現象

老眼とは、目の老化現象の一つです。目にはピントを合わせるための機能が備わっており、近くのものを見るときは水晶体を厚くし、遠くのものを見るときには水晶体を薄くしています。水晶体を厚くしたり薄くしたりするには毛様体筋という筋肉が作用しているのですが、老化が進んでくると毛様体筋という筋肉も衰えてきますし、水晶体の弾力も少なくなってきます。遠くのものを見るときの方が筋力が必要となるため、老眼になると遠くがまず見えにくくなるのです。また、近年ではスマホ老眼という現象も増えています。スマホ老眼とは、スマホやタブレットなど、比較的小さな面積の画面を長時間見続けることで起こる目の老化現象のことです。一般的に老眼は四十代から五十代頃に起こるのですが、スマホ老眼になると二十代頃から老化現象が生じます。この場合はスマホやタブレットといった小さな面積のものを長時間見続けているのが主な原因です。スマホやタブレットはテレビやパソコンに比べて目との距離が近く、見える範囲も狭いため目の筋肉を酷使することになります。そのため目にかかる負担が大きくなってしまうのです。いずれにしても、一度進行してしまった老化現象はなかなか治しにくいので、対症療法により対応していくのが重要となります。基本的な対症療法としては老眼鏡を作るというものです。無理にピントを合わせようとしても、目が疲れるだけで何のメリットもありません。専用のめがねで適切に調節する方が生活もしやすいですし目への負担も少なくなります。

Copyright© 2018 老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】 All Rights Reserved.