老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】

年齢によるトラブルを予防

口コミ

原因と予防方法を知る

年齢を重ねると体のあちこちに異変が起こってくるものですが、その中でも特に気になるのが老眼です。人が生きていく中では視覚による情報が重要な位置を占めており、正確にものが見えなくなるとストレスを感じることもあります。老眼で困るのは近くのものを見ると目が余計に疲れる、新聞などの小さな文字にピントが合いにくい、肩が凝りやすくなるといったものがあります。40代に入ると老眼になる人が増えますが、実は20代後半から徐々に進行していくのがほとんどなので、困る前に早めのアイケアを実践しましょう。老眼の原因は遠近を見る際にピント調節を行う筋肉の衰えで、本来は何度も調節することで柔軟に対応することができるのですが、ずっと同じものを見つめていると筋肉が固まってしまいピント調節が難しくなります。そのため、長時間の読書やパソコンの操作はなくべく控え、定期的に休息を取って目の疲れを癒やすことが大切です。目の疲れには温熱療法が良いとされ、眼球の周囲やピント調節に必要な筋肉を温めることで本来の働きがしやすくなると言われています。電子レンジで温めた蒸しタオルは効果的で、水蒸気が疲れ目の深部まで温めて血液循環を良くしてくれます。同時に目をギュッと閉じたり、大きく開くなどの眼球運動をしておくと筋肉が解されるのでおすすめです。また、ピント調節をする筋肉はものを噛むという動作によって刺激を受けることが知られているため、歯ごたえのある食べ物やガムなどを用いて噛む行為を繰り返すことでも老眼を予防することができます。

Copyright© 2018 老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】 All Rights Reserved.