老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】

日常でできる目のケア

男性と女性

抗酸化作用の食品を摂取

老眼は視力に関係なく訪れる、誰にでも起こる老化現象です。40歳ごろから始まる人が多く、65歳ぐらいまでに症状が進行するといわれています。老眼は目を疲労させることで進行を早めてしまいます。近年は、パソコンやスマートフォンを使用している人が多いため、30代後半から老眼の予防対策をしたほうが目の負担を減らすことができます。日常的にできる目のケアとしては、遠くと近くを眺める、目を開いたり閉じたりする、眼球を回すといった目の体操をして、水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛えることです。これにより、目の老化を予防したり症状の進行を遅らせることができます。目の周りの筋肉の血行が良くなると、コリがほぐれてピント調整がスムーズになるからです。ホットタオルをまぶたに当てて、血行を良くするのもおすすめです。また抗酸化作用の高い食品を摂取することで、目の健康を維持することができます。抗酸化作用の高い栄養素として、ルテインやアスタキサンチン、ビタミン類が挙げられます。もちろんその栄養素だけでなく、バランスの良い食生活において十分に摂取することが必要です。普段の食生活から、それらの栄養素が摂取できているかどうか不安だという人は、サプリメントの利用がおすすめです。老眼など目の健康を守るためのサプリがいろいろ販売されています。普段の食事に加えてサプリで栄養素を補うことで、必要な成分を十分に摂取することができます。サプリなら毎日手軽に摂取できるので、日常的な目のケアとしておすすめです。

Copyright© 2018 老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】 All Rights Reserved.