老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】

目の老化を防ぐなら

困る人

サプリメントやサングラス

老眼は近いところが見えにくくなる目の老化現象ですが、個人差はあるものの40代ぐらいで症状を感じる人が多くなっています。老眼は水晶体の弾力が弱まり、調節機能が衰えてくることで起こりますが、老化現象だからとあきらめてしまう人も少なくありません。近くが見えないだけではなく目の疲れや肩こり、頭痛なども感じやすくなりますが、つらい症状を緩和するためにも、我慢せずに老眼鏡や老眼対策のコンタクトレンズを使うことも考えてみましょう。デザインもおしゃれで、老眼鏡とは気づかれないタイプも登場しており、読書や新聞の閲覧が楽になります。目に負担をかけないことも大事ですので、目を適度に休めることも大事です。調節機能の衰えを防ぐためには目の運動やストレッチなども取り入れてみることがおすすめです。さらに、目薬も目の症状の緩和に役立ちますが、目の調節機能をサポートする成分を含むものであるかはよく確認しましょう。そして、老眼の悪化を防ぐためには、日頃からの予防も大切です。紫外線は目の老化を促進させることにつながりますので、日差しの強い日の外出にはサングラスを活用することもおすすめです。そして目の健康に役立つ栄養素を摂りいれることも大事ですが、食事だけで摂るのが難しい成分はサプリメントでの摂取が便利です。老眼が進むとスマートフォンの操作もつらくなりますが、画面の明るさをより暗く調節したり、文字のサイズを大きく変えることも目の負担軽減につながります。目を温めることも目の疲れ軽減に役立ちますので、ホットタオルなども上手に活用したいところです。

Copyright© 2018 老眼対策で目の健康を守ろう【ルテインなどを摂取すると良い】 All Rights Reserved.